期間従業員の求人状況の変化

自動車工場や電子部品製造工場などに勤務している契約社員で、期間従業員と呼ばれる職種があります。


一般的には、期間工と呼ばれています。

仕事の内容は、流れ作業の一つとして、部品の組み立てなどを行うのが一般的です。

高度な技術を要する業務はほとんどなく、単調な作業に従事することが多いです。


かつては、農閑期の農業従事者が一定の期間だけ携わるケースが多く、季節工と言われていたこともありました。


90年代になりますと、フリーターやブラジル人などといった外国人労働者の比率が高まってきました。

2004年になって、製造業の派遣労働が解禁されるや、人材派遣会社からの期間従業員が目立ってきました。

経営側として、採用人員や就労期間がフレキシブルに選べる魅力が、さらにその傾向を強めていったのです。

期間従業員の求人を理解するために必要な基礎知識をわかりやすく紹介します。

期間従業員の求人に拍車がかかりました。



逆に、直接雇用の期間従業員の求人は減少していったのです。


とはいえ、2008年のリーマンショックでもって、期間従業員の求人数は極端に減りました。

本当のエキサイトニュース情報をピックアップしたサイトです。

実際の勤務形態としては、シフト制によって、二交代制や三交代制の形をとっていることが多く、また、一定時間の残業がつきまとうこともあって、不規則な勤務時間を強いられるところが少なくありません。そこで、工場の近くに、勤務期間中に居住用の宿泊施設が用意されていることが一般です。


また、会社の中には、契約期間を満了したときに、満了金や帰りの旅費を支給するところもあります。